お知らせ

  • 2021年1月13日
  • 商品情報

温度を点ではなく”面”で確認する。【作業効率向上】

FLIR コンパクトサーモグラフィ C5

2020年、コロナ禍の影響もあり、温度計測においてはサーモグラフィの需要が著しく伸びました。C5は数あるサーモグラフィカメラで、唯一コンパクトカメラ型の製品です。サーモグラフィは、大がかりな製品が多い中、ポケットに入る大きさと190gという軽さでハンドリングしやすい製品となっています。このシリーズはC2、C3(WIFI機能など追加)、C5と性能が順当に良くなっており、今後の展開も期待をさせる製品です。

このC5は前タイプよりも、画像解像度がサーモグラフィで4倍、稼働時間も2倍になっており、新しい機能としてワンタッチレベルスパンが搭載されています。これにより、とらえた画像の中で、ターゲットとする一部分を強調した面温度を見る事が出来ます。また、前のタイプより定評のあるMSX機能で、サーモグラフィにありがちのぼやけた映像ではなく、くっきりとした輪郭をとらえる事が出来ます。撮影した熱画像は無料の”FLIR TOOLS”で解析、確認したり、クラウドサービスを使用する事で、作業者同士で熱画像の共有を行うことが可能となっています。(インターネットサービスが必須です)

サーモグラフィのように面画像で熱をとらえるメリットは、点でなく全体の温度分布を一瞬でとらえることができるということになります。例えば、ワーク全体の画像をとらえたときに、どこが熱を持っているか、どのくらいの熱分布をしているか、一瞬でとらえる事が出来ます。センサーを使用した点での測定よりも何倍も効率が良くなります。

FLIR C5   メーカー小売り価格 ¥140,000

熱画像 160x120(500万画素)

計測温度範囲 -20~400℃

3.5インチタッチスクリーン

FLIR_C5-チラシ

FLIR C5
FLIR C5